コンテンツへスキップ

今年度初めての避難訓練でした。今回は給食室より火災が発生し、燃え広がる恐れがあるためグラウンドに避難するという設定で行いました。避難経路を考えながら、「おはしもて」の約束を守って避難することを心掛けました。昨年度より短時間で避難完了することができ、いいスタートを切ることができました。

交通指導隊、交通安全母の会、市環境保全課、愛宕っ子サポーターズの皆様から、自転車の乗り方(3・4年生)や道路の歩き方(1・2年生)を教えていただきました。一人一人が安全に気を付け、交通事故にあわないでほしいと願っています。

自転車を貸していただいたご家庭の皆様、ありがとうございました。

 

着任式と始業式が行われました。着任式では8人の先生方をお迎えしました。児童は着任された先生方の自己紹介をとてもよく聞いていました。始業式では,校長先生から担任紹介があり,児童は新しい担任の先生との学校生活をとても楽しみにしているようでした。素敵な一年にしていってほしいです。

 

 

年度末はお別れの季節でもあります。この度,10名の先生方が愛宕小学校を離れられることとなりました。お別れの言葉を述べる代表児童は「先生方から学んだことを生かして,新しい学校,新しい学年,新しいクラスでもがんばっていきます。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを表していました。児童たちは,お世話になった先生方から教えていただいたことを,これからの生活や学習に生かしていくことでしょう。

3月24日(水)に第9回卒業証書授与式が行われました。新しい生活様式での卒業式でしたので、卒業生、卒業生保護者、教職員のみの卒業式でした。在校生からのお祝いメッセージや卒業生合唱「変わらないもの」は動画で流しました。厳粛な雰囲気の中にもあたたかさや感動もある卒業式となりました。

3月23日(火)に後期終業式を行いました。2.4.6年生の代表児童が1年間で頑張ったことを発表しました。大きな節目でもある、終業式。1年間の自分の頑張りなどを振り返った1日となりました。そして、次の学年に進級する決意を新たにし、来年度も成長する1年にしてほしいです。

3月11日で東日本大震災が起きて10年が経ちました。愛宕小学校では、地震が起こった14時46分に被災された方々に黙祷を捧げました。11日の給食は、非常食として備蓄しておいたカレーを食べました。いつ起こるか分からない災害。非常食を食べる経験を通して、災害時のイメージをもつことができました。

卒業式に向けて、6年生の練習も本格的になってきています。今年度の卒業式は、卒業生と保護者と教職員による卒業式となりました。在校生は、6年生を送る会で日頃の「ありがとう」の気持ちを伝えました。さらに、在校生からお祝いの言葉を動画で撮影し、卒業式で流す予定となっています。各学年で心のこもったメッセージになっているので、卒業式に花を添えられることでしょう。入学式でも同様に在校生からのメッセージの動画を流す予定です。